So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

宮益坂ビルディングと銀座線 [渋谷界隈]

1953年に日本初の分譲マンションとして建設された宮益坂ビルディング。築63年を経て2016年に建替が決定しました。コチラ↓は建替前、2015年のものです。

宮益坂ビル3.jpg

現在はコチラ↓。15階建なのですが、坂の下から撮ったためか、高く見えます。計画では、1階は店舗、2階~4階は事務所、5階~15階が住宅です。完成は2020年7月末の予定です。

202001301.JPG

明治通りの上に、新しい銀座線ホームが出来ました。

202001291.JPG

改札口は2つ、JR側と宮益坂側につくられる予定ですが、現在はJR側のみで運用されています。宮益坂側の改札口はヒカリエの2階になり、駅から続く通路と新しい宮益坂ビルディングとは直接デッキで繋がる計画です。

nice!(0) 
共通テーマ:仕事

千葉駅にて2019 [ときどき遠出]

お仕事で千葉へ。前回が2017年でしたので2年ぶりです。

ずっと工事中だった駅ビル「ペリエ千葉」が2018年6月にグランドオープンしていました。JR東日本グループ会社が千葉県内で運営している駅ビルを「ペリエ」というのですね。フロアガイドをざっと見てみるとショップは若者向きかな。。食料品の「地産地消」スペースに地元らしさがありました。1階に「ジャン・フランソワ」を見つけたときは嬉しかった!渋谷のマークシティにもある美味しいパン屋さんでオススメです。

20191215.JPG

千葉駅周辺では東口、西口、旧パルコ跡地等いくつかの再開発事業が計画中or進行中です。

東口駅前広場に面する「千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業」は既に基礎工事が始まっていました。現地のお知らせ看板によると、敷地面積は約3,300㎡、計画建物は延床面積約24,936㎡、高さ約51m、地上10階/地下1階で、用途は事務所・物販・飲食・診療所。お知らせ看板では塔屋を含んで10階なのかな。

新しい建物では、1階部分に「グランドモール」という通り抜け空間を造って、歩行者の動線を確保する計画です。風水上も良さそうです。完成予想図はコチラ↓。2022年に竣工予定です。

20191213.JPG



nice!(0) 
共通テーマ:仕事

渋谷ストリーム [渋谷界隈]

昨年9月に開業した渋谷ストリームは、「渋谷に水と緑を」をコンセプトに、東横線跡地の開発、渋谷川の再生、クリエイティブ、に開発されました。外観は近未来的なのですが、屋上緑化、壁面緑化、渋谷川沿いの桜並木、が自然を感じられるようになっています。

低層階のレストランフロアで印象的なのが「抜け感」です。

201910251.JPG

外から扉を介さずに出入りが自由で、路地のような通路の両側にお店が並び、再び外へ通り抜けが出来るようになっています。渋谷界隈ではあまり見かけない設計です。建築的には「ポーラス(多孔的)な空間」というようです。それぞれのお店は独立して区切られていますのでお店の中での食事が基本ですが、半戸外のようなスペースも利用できるようになっています。

間もなくグーグルが入居し、1,000人以上のクリエイティブワーカーが六本木から移転して来ます。併せてYouTube Space Tokyoも造られる予定です。

201910252.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

11/1(金) オープン [渋谷界隈]

渋谷スクランブルスクエアのグランドオープンは11/1、あと1か月となりました。

20190928.JPG

こちら↑はオフィスフロアへの入口です。17階~45階がオフィスフロアです。

この先、南側の渋谷ストリームとはデッキで繋がっています。このデッキの屋根は、旧東横線渋谷駅の、懐かしい、かまぼこ屋根をモチーフにしています。

20190930.JPG

渋谷スクランブルスクエアの店舗フロアは地下2階~14階。地下2階~1階に食料品「東急フードショウ」、2階~9階にファッション・コスメ、10階に「東急ハンズ」、11階に「TSUTAYA」、12階~13階にレストラン、等々です。

ところで、10/31~11/1は、ハロウィーンです。渋谷区では「渋谷駅周辺地域の安全で安心な環境の確保に関する条例」をハロウィーン前後期間限定で定めました。

ハロウィーンと渋谷スクランブルスクエアの開業日が重なる11/1(金)、相当な人混みが予想され、渋谷駅周辺は規制が厳しくなります。

nice!(0) 
共通テーマ:仕事

八ヶ岳 海の口自然郷にて [ときどき遠出]

八ヶ岳は南北30㎞にわたり火山が連なるダイナミックな山の塊。東山麓に野辺山・清里、西山麓に蓼科・富士見、南山麓に原村などがあります。高原に湖や別荘地が点在しています。

201907271.JPG

今回、お仕事がらみで訪れた「海の口自然郷」は、八ヶ岳の東山麓、野辺山高原を上ったところにあり、標高は、1,400m~1,800m。軽井沢が1,000m弱、北軽井沢が1,200m前後ですから、かなり高い所に位置しています。元々は牧場だったところを、約50年前に開発されました。年間通して湿気は少なく、冬期は氷点下20度くらいまで冷え込みますが、最近は基礎工事の仕様により水抜き不要の建物が可能になってきました。

201907272.JPG

別荘地内にあるのは別荘、ホテル(高原ロッジ)、音楽堂、高原ヒュッテ、管理事務所のみです。ドラマ「高原へいらっしゃい」の舞台となった八ヶ岳高原ヒュッテの耐震工事が終了したばかりでした。音楽堂では時々クラシックコンサートが開催されています。

別荘地内の主要道路は美しく整備されていました。各区画が広く、カラマツやシラカバの木立の中に見え隠れする建物の色彩は極めて抑え目。本当に静かな山の中ですが、新聞、郵便、宅急便も届くとのこと。ドクターヘリ発着場もありました。

一番近いお店は車で15分。ふもとの街で食材を買い込み、まさに自然のなかで山籠もりのスローライフ。既に1,300棟建てられ、定住している方もいるとのことでした。

nice!(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | -